« ”犬界のよかおなご”その2 | トップページ | 御主人様に忠犬と言わせた”吾郎”  »

2005年5月20日 (金)

”犬界のよかおなご”その3

きのうお話した吾郎君は、お隣で飼われるまでお散歩は私(りりー)と一緒、ご飯は大きな車で来られる奥さんが私(りりー)宅に届けてくれたものをおかみさんが与えていました。夜は必ず私(りりー)宅で寝ていました。冬の寒い時は御主人様が発砲スチロールの箱に古毛布を敷いて少しでも寒さを防げるように気を遣っていました。お散歩の時は私(りりー)だけが引き綱で引かれているので、すれ違う人は「どうして犬を放しているのか」と聞かれ、おかみさんはそのつど説明するのが大変でした。そのため御主人様は、「あの犬がついてくるから散歩に連れて行かない」と言ってその頃のお散歩はおかみさんだけでした。吾郎君がお隣に飼われたあとは白い宿無し犬さんがお散歩について来ていました。期間は短かったと思います。この犬さんは、右隣のお家でご飯を食べさせてもらっていました。ある時お隣のご主人は、その犬さんがご飯を食べに来ないので、「おかしい、動物管理センターに連れて行かれたのではないか」と思って行かれたのです。案の定そこに居たそうです。「虫の知らせとは良く言ったものだ」とお隣のご主人は言われました。そしてこの犬さんは”シロ”と名づけられ、お散歩は奥さんが連れて行かれ、たまには私(りりー)と会うこともあります。こうして私のお散歩について来ていた犬さんは、右隣が”シロ君”、左隣が”吾郎君”で2匹とも幸せな暮らしをしているのです。

|

« ”犬界のよかおなご”その2 | トップページ | 御主人様に忠犬と言わせた”吾郎”  »

コメント

今日は!!命を救われた吾郎くんとシロくんのお話、胸を撫で下ろしながら読みましたよ。本当に良かった!トムとりりーを可愛がっているから、おかみさんとご主人さんの周りでペットに関わるお話がたくさん生まれ、またお話もできるんですね。こちらの新聞には、写真入で捨て猫や犬の様子が出て(里親探しのボランティアが見るに見かねて)心痛めています。飼い主が引越しやなんらかの事情で飼えなくなって簡単に捨てるらしいんです。本当に犬迷惑!飼い主のモラルを問いたいです。そのたびに、リリー姫さんとトムお坊ちゃまは幸せだなあと思います。だから、おかみさんとご主人様に迷惑掛けないようにね。

投稿: ミッチ | 2005年5月20日 (金) 13時08分

リリー姫ちゃん 今晩は!
ご主人様とおかみさんは心底良い人たちですね!
ウチの近くに大きな白い犬がいたのね、いまはもう姿をみせないからどこかで死んでると思っているんだけど!
飼い主はいるのにご飯をあげない、世話をしない、だからリキ(犬の名前はりき)は家を出てご近所の人たちからエサをもらって可愛がられていました。テッペイ君が小さい時に散歩の途中でよその犬に吠えられているとリキがどこからとも無く現れてよその犬を追っ払ってくれたことが幾度となくありました。
そう!とっても男気のある優しい犬でした。テッペイ君と散歩をしているといつの間にかついてきて私からオヤツをもらうのもリキの楽しみのひとつだったようです。
シロ君と吾郎君は幸せですね。リキは多分自分の死を悟ってどこか人目の無いところへゆき死んだんだろうな~とおもっています。

投稿: フーちゃん | 2005年5月20日 (金) 23時48分

ミッチさん おはようございます。コメントありがとうございました。吾郎はついてくる期間が長かったのでりりーについて来なくなると多くの人に「あの犬さんはどうしたの?」聞かれ説明すると皆が「良かったね!」と喜んで下さいました。えさを届けてくださった奥さんはお隣で「お殿様暮らし」のことを伝えた後は安心されたのかお会いしたことはありません。ついてくる期間が短かったシロのことを今でも聞かれたことがありますので、声を掛けてくださらない方で吾郎、シロのその後はどうなったのだろうと思っている方が今でもいらしゃるのではと思います。読んでいただいたことに感謝します。

投稿: りりー姫 | 2005年5月21日 (土) 07時02分

フーちゃん おはようございます。コメントいただきましてありがとうございました。リキちゃんの話感動しました。自分の死を悟って人目のないところで死ぬという実例は私の実家でありました。私がまだ十代だった頃の話です。家で飼っていたチョンという猫が姿を見せなくなってから数年後ミーもいなくなりました。私が実家を出てから数年たってから実家が畳替えをした時、床下から二匹の猫の死体が出てきたと話をしてくれました。チョンとミーは親子でした。
テッペイ君を守ってくれた立派なリキちゃんはふーちゃんとテッペイ君のことを思い出しているのではないでしょうか。
読んでいただいたことに感謝します。

投稿: りりー姫 | 2005年5月21日 (土) 07時33分

こんばんは。リリーちゃんの周りには心優しい方ばかり住んでいるんですね。そして、3匹とも幸せに暮らしているなんて
なかなかないと思いますよ。ご主人様同士も犬君たち同士もみんな仲良し。心あったまるお話だね。その近所だけ、いつも陽だまりのような気がします。

投稿: タム | 2005年5月21日 (土) 18時44分

タムさん こんばんは!
コメントいただいてありがとうございます。私の住んでいるところは犬を飼っている方が大変多いと思います。同じ隣保の方で宿無し犬さんを引き取った方が他にもいらっしゃいます。散歩の時に会うと話が盛り上がっていました。「陽だまりのような気がします」と言う言葉が嬉しいです。
よんでいただことに感謝します。

投稿: りりー姫 | 2005年5月21日 (土) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100653/4203755

この記事へのトラックバック一覧です: ”犬界のよかおなご”その3:

« ”犬界のよかおなご”その2 | トップページ | 御主人様に忠犬と言わせた”吾郎”  »