« 鶯の声 何度も聴いちゃった | トップページ | 嬉しいことが続いちゃった  »

2006年6月13日 (火)

新聞を購読されてますか?

「なぜ続く孤立死」これは新聞の見出しです。御主人様もおかみさんも「新聞を購読していれば、ある程度避けられるのではないか」と言っているのです。これは二人とも新聞配達の経験から言っているのです。新聞が翌朝とってなければ、配達員は気になるものです。今では自動引き落としが多くなっていると思いますが、当時は、ほとんど集金だったのでなるべく一人暮らしの方とは仲良くなって集金時に会話をするようにつとめていたのです。配達部数の多い方は無理かも知れないのですが経験をお話したのです。

|

« 鶯の声 何度も聴いちゃった | トップページ | 嬉しいことが続いちゃった  »

コメント

おかみさん、おはようございます。
孤立死、防ぐ方法としてご経験から思われたことにうなづけるものがあります。
今はお隣りやご近所、町会とのつながりが希薄になってきてますね。
回覧板を回す時にお話をすることもなくなってきてるような・・。
そういえば、新聞の集金の方とはお話しますよ!
午後の配達の方とも毎日のように色々な場所でお会いします。配達の方々はバイクに乗ってますから軽く会釈し合います。

投稿: ミーシャ | 2006年6月13日 (火) 07時45分

おはようございます♪
そうですね 
確かに新聞が何日分も溜まっていると気になるものですが 配達の方が気にしてくれるかどうかは 人それぞれですね
うちの娘の場合も うちのお隣さんも 配達の方は狭い新聞受けに押し込んでそれっきりみたいです
お隣の場合は 私がたまに紙袋に入れて 保管しておくのですが・・・

投稿: bebe | 2006年6月13日 (火) 11時06分

ミーシャさん こんにちは!

私たちは孤立死、防ぐ方法として経験から思いましたね。

今、こちらでは回覧板はポストに入れています。
新聞の集金の方とはお話しますよね。とにか毎日来る人とお友達になっていればお互いに挨拶で元気をもらいあうのではないでしょうか(^^)

投稿: りりー姫 | 2006年6月13日 (火) 14時48分

bebeさん こんにちは!

私は新聞が一日とってないと気になりましたよ。

>お隣の場合は 私がたまに紙袋に入れて・・・
お隣のことを気を遣ってくださるbebeさんみたいな方がいればそれ以上の安心はありませんよ(^_^.)

投稿: りりー姫 | 2006年6月13日 (火) 14時53分

私の懇意にしていた爺も今年の冬に「孤独死」でした。
発見はやはり新聞受けに溜まった朝刊から。
(この爺の話は以前にも書いたような)
私は亡くなる前日まで電話で話しをしていたというのに、
それから週末になり私もあちこち移動したりで
連絡しても留守番電話になってしまうので身内のところにでも?と…
で、発見は死後数日経ってからでした。

未だに後悔です。

投稿: たま吉 | 2006年6月13日 (火) 16時52分

たま吉さん こんにちは!

思い出させてごめんなさい。新聞がたまったら何かがあると思っていいような気がします。

投稿: りりー姫 | 2006年6月13日 (火) 18時32分

こんばんは。

アタシは新聞とってないんですよ!。ヤバイなぁ~(マジ)。

実は一昨年の夏(ちょうど今頃だったか?)、アタシのネグラ兼事務所の隣人(70才くらいのおじいちゃん)が「孤独死」したのでした。
お風呂・トイレ兼用のユニットバスの中で亡くなられており、死後2~3日経ってから発見されたのでした。

この記事を読んで、思い出しました。

投稿: ルーキー38 | 2006年6月13日 (火) 19時12分

ルーキー38さん こんばんは!

新聞はとったほうが良いと思いますよ。

新聞とってなかったら、不審に思った人が連絡をしてくれる可能性があるのではないでしょうか。

投稿: りりー姫 | 2006年6月13日 (火) 21時10分

なるほど、新聞を読む時間が無いので取ってないのですが、そういうところにも役立つのですか、なるほどねぇ、勉強になりました、ありがとうです。

投稿: パンキッシュ | 2006年6月13日 (火) 23時16分

パンキッシュさん おはようございます!

お若い時はまず関係ないでしょう(^^)

投稿: りりー姫 | 2006年6月14日 (水) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100653/10503840

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞を購読されてますか?:

« 鶯の声 何度も聴いちゃった | トップページ | 嬉しいことが続いちゃった  »