« 「だんだん似てきた」って言われちゃった | トップページ | お坊ちゃまがドジ踏んじゃった »

2006年8月27日 (日)

思い出したくないお話なのです 

きのうお友達のミーシャさん 「子猫騒動」に教えていただいて 、おかみさんは、初めてこのことを知ったのです。 検索にかけてみました。御主人様とおかみさんは、私(りりー)が捨てられていた堀端公園で目撃した子猫惨殺事件を思い出したのです。当時、新聞配達をしていた御主人様とおかみさんは、朝、まだ暗い公園に、大体等間隔に何かが転がっているように見えたので近寄ってみたら子猫の死体だったのです。御主人様とおかみさんは、別々に見て家に帰りそのことを話しました。誰かが殺してずらりと並べたのか、犬が食い散らしたのか。犬なら、ずらりと並んでいる訳が無い。おかみさんは、あれこれ考えるより現場の後片付けをしなければと思って行くと、現場は何事も無かったようにきれいに片付いていたのです。御主人様もおかみさんも、子猫惨殺事件はあまりのむごさに人に話をしたことは無かったのでした。

|

« 「だんだん似てきた」って言われちゃった | トップページ | お坊ちゃまがドジ踏んじゃった »

コメント

おはようございます
今回の「子猫騒動」。
ありえない。
「見たくない、聞きたくない、話したくない。」と思いました。
でも、テレビでは報道している。
これを観たほとんどの人が、残虐なことだと批判すると思うけど。。。
心配なのは、その反対の『妙な気持ちになる人』がいること。
今回の報道自体、こんなに頻繁に取り上げていいのだろうか?
神戸の少年事件や、最近の少年による放火殺人などのように
また、似たような事件が起きるんじゃないかって、もっともっと心配になりました。
おかみさんとご主人の遭遇した光景を、遠い世界の出来事と思えなくなってきた現実が、悲しくて、おそろしくて。。。

投稿: つる姫 | 2006年8月27日 (日) 06時53分

つる姫さま おはようございます!

朝一番のご訪問ありがとうございますm(__)m

今回の「子猫騒動」。テレビで報道しているのを全然知らなかったわ。「真似をしたがっているものを刺激するのではないか」と心配ね。

>今回の報道自体、こんなに頻繁に取り上げて・・・
知らなかったのは私たちだけなの(ーー゛)

>おかみさんとご主人の遭遇した光景を、・・・
現実の光景でした。今日、主人に話したのですが「思い出したくない」と言っています。


遠い世界の出来事と思えなくなってきた現実が、悲しくて、おそろしくて。。。

投稿: りりー姫 | 2006年8月27日 (日) 08時38分

おかみさん おはようございます(*_ _)ペコリ

すごい惨いお話ですね!どういう気持ちでこんな事をするんでしょうか! 犯人を見つけたらライオンの檻の中に入れて『同じことができる?』と聞きたいです。また同じような事件がおきない様に祈るばかりです。

投稿: くちばし | 2006年8月27日 (日) 09時06分

くちばしさん おはようございます!

現実を見て何がおきたのか分からなかったのですよ。家に帰って考えました。「短時間のうちに後片付けをしたのは誰だったのだろう」と、今でも思います。


 

投稿: りりー姫 | 2006年8月27日 (日) 09時51分

こんにちは!

私もミーシャさんの記事で初めて知りましたが、とんでもない
お話しだと思いました。

現在は何も飼っていないのですが、金魚やかぶとむしが死んで
しまうとかなりのショックを受ける性質なため、同じ人間が
やる行動なのかと思ってしまいました。

しかし、一旦、このような情報が自分自身に届いてしまうと
「脳内汚染」(こういう人もいるんだと受け入れてしまう)
されるというのも事実で、まともに生きることの困難さを
痛感する今日この頃です。。。。。

投稿: むろぴい | 2006年8月27日 (日) 10時25分

おかみさん、おはようございます。
子猫惨殺事件も怖いですね。
動物への惨殺が人間にまでエスカレートした事件もありますから・・・。
おかみさんご夫妻も怖い体験をなさいましたね。

日本の動物愛護法では、猫などの愛護動物をみだりに殺したり、傷つけたりすると、1年以下の懲役か100万円以下の罰金となりますね。環境省の動物愛護管理室は「(坂東氏が)海外居住のため、日本の法律の適用外」としていますが、フランスの刑法でも、悪質な動物虐待については拘禁刑や罰金刑を定めているそうです。
ゲストのねじっこさんは
「フランスが、日本人の一作家の軽犯罪(ここが悔しい)に対して、ちゃんと裁いてくれるかどうかですね。世論が騒げば表面上は謝罪しておいて、裏では同じ事をやり続ける方のような気もします。私たちに出来ることと言えば、こうして反論をし続けることくらいでしょうか。実に実にイヤな気分ですね。」
と言ってます。
どうなんでしょうね。

投稿: ミーシャ | 2006年8月27日 (日) 10時28分

むろぴいさん こんにちは!

私もミーシャさんの記事で初めて知り、びっくりしています。

>同じ人間がやる行動なのかと思ってしまいました。
全く同感ですよ。

コメントいただきましてありがとうございました。


投稿: りりー姫 | 2006年8月27日 (日) 12時48分

ミーシャさん こんにちは!

今回のことは、猫惨殺事件を思い出すくらい怖いことでした。これが無かったら封印したままだったと思います。

>動物への惨殺が人間にまでエスカレートした・・・
事件がありましたね。

>世論が騒げば表面上は謝罪しておいて、裏では同じ事をやり続ける方のような気もします。
私もそう思いますよ。見てるわけではないのですから。心が改心しなければ同じことのくり返しになるかも知れませんね。

コメントいただきありがとうございました。

投稿: りりー姫 | 2006年8月27日 (日) 12時58分

こんにちわ、トムお坊ちゃまは良かったですね!優しいご両親に育てられて大きくなって幸せね。
昨日nyar-nyarは国道脇でネコがひき逃げされているのを見ました。サア大変!美容院のサスケちゃんかと思い、お店に行くとオーナーの奥さんが「サスケじゃないのよ、もう朝からカラスに突かれて可哀想よ」と言ってましたのでひとまず安心。電話をしても市役所も保健所もお休みで、駅前交番へいって何とかしてくださいとお願いしたら、汚いし~ですって。市民が困っているんだからと粘ってお願いし、買い物を済ませ帰り道見てみると新聞紙がかぶせてあるだけ!これでも交番かと怒りながら帰途についた次第です。

投稿: nyar-nyar | 2006年8月27日 (日) 13時34分

そんなことがあったのですね・・・
近所でも猫7匹と犬1匹が毒殺された事件がありましたが
新聞やTV局が取材にきたり、大騒ぎになりました。
そんなときは、封印せずに騒いだ方がいいのかもしれません。
警察・地元新聞社・テレビ局に連絡したりしてね。
それが犯罪だということも犯人に教える必要もあります。

投稿: と・ろ・ろ | 2006年8月27日 (日) 13時45分

nyar-nyarさん こんにちは!

道路で轢かれていた猫を私が市役所に電話をかけたら、平日だったから引き取りに来てくれました。以前うちにいた猫が私の勤務中に轢かれた時は、すぐに市役所が運んで行ったと近所の方が教えてくれました。
サスケちゃんじゃなくて良かった(^^)

投稿: りりー姫 | 2006年8月27日 (日) 14時48分

小さくても命。大事にしたいです。
さて、今朝のお散歩で子犬(2ヶ月)に会いました。
飼い主さん、「誰かもらってくれる人しらないですか?」
どうも、貰い手がないと山に捨てるとか・・・。
クセのあるおじさんなんで、かかわり合いたくなくて、まともに会話をしてきませんでしたが、朝からちょっと嫌な気持ちになりました。
って、ど~~することも出来ないのですが・・・。

投稿: はち | 2006年8月27日 (日) 15時00分

と・ろ・ろさん こんにちは!

りりーが来て暫らくしてからのことでした。私は「りりーがノラのまんまだったら、子猫をかみ殺すようになったのだろうか」と言うふうに考えたり、犯人は「誰かがこれを見たら片付けようとして、私たちが見て帰ったのを確認してすぐに片付けたのかもしれない」とも思いましたよ。証拠写真を撮るべきだったのですね。でも私は一旦家に帰って(歩いて2分の距離)から行った時はものの見事に片付いていたのでびっくりしたのです。

>封印せずに騒いだ方がいいのかもしれません。・・・
 それが犯罪だということも犯人に教える必要もあります。
この件とは違いますが、このコメントを記事に使わせて下さいねm(__)m


投稿: りりー姫 | 2006年8月27日 (日) 15時01分

はちさん こんんちは!

いちばんたいせいつなものが命ですので大事にしたいです。

ど~することも出来なくて、わたしも会話が出来ませ~ん(ーー゛)


投稿: りりー姫 | 2006年8月27日 (日) 15時22分

ひどい話です。
命の大事さ、小さくても同じ命なのに、どうしてそんなことが出来るんでしょうか。
命の尊さを知らない人間は残酷すぎます。

投稿: パンキッシュ | 2006年8月27日 (日) 23時35分

パンキッシュさん おはようございます!

「命の尊さを知らない人間は残酷すぎる」このひとが直木賞作家なのですよ(ーー゛)

投稿: りりー姫 | 2006年8月28日 (月) 06時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100653/11623941

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出したくないお話なのです :

« 「だんだん似てきた」って言われちゃった | トップページ | お坊ちゃまがドジ踏んじゃった »