« 稲刈り 真っ盛り  | トップページ | トムは贅沢なのです  »

2006年10月20日 (金)

中村美律子さんの”ヨイトマケの唄”に大感動

一昨日のNHKの歌謡コンサートで河内おとこ節の中村美律子さん が歌われたヨイトマケの唄に、御主人様もおかみさんも感動して泣いてしまったのです。中村美律子さんのお母様は、美律子さんが13歳の時42歳で亡くなられたのです。6畳一間に7人家族、5人の子供さんを育てる為に、ご両親は深夜まで銭湯で働いておられたそうです。働きずくめで身体をこわされた時も、「お金がかかるから、お医者さんを呼ばんといて」と言われたのです。これを聞いた御主人様は、おかみさんより先に泣いてしまわれたのです。美律子さんは、「貧しかったから、今の私がいる」と言われ、お母様に感謝の気持を込めて歌われたのでした。

  ヨイトマケの唄   丸山 明宏(美輪) 作詞・作曲

  2  子供の頃に 小学校で
     ヨイトマケの子供 きたない子供と
     いじめぬかれて はやされて
     くやし涙に くれながら
     泣いて帰った 道すがら
     母ちゃんの働く とこを見た
      母ちゃんの働く とこを見た

おかみさんは、この歌詞で泣いてしまったのです。
御主人様もおかみさんも、今頃やっとヨイトマケの意味を理解することが出来たのです。

|

« 稲刈り 真っ盛り  | トップページ | トムは贅沢なのです  »

コメント

おかみさん、久しぶりの朝イチです。おはようございます。
中村美律子さんのお話や、ヨイトマケの歌を福岡の先生や、いじめをやる子、大人にじっくり聞かせたいですね。
なからいさんのように有名人を記事にするとアクセスが増えるようですね。私も駒大苫小牧の田中君の記事のとき150件くらいになり不思議だったのです。

投稿: moka | 2006年10月20日 (金) 06時34分

mokaさま おはようございます!

朝一番のご訪問ありがとうございましたm(__)m

>中村美律子さんのお話や、ヨイトマケの歌を福岡の先生や、いじめをやる子、大人にじっくり聞かせたいですね。
本当に親と先生達にきかせたいですよ~(ーー゛)

>私も駒大苫小牧の田中君の記事のとき150件くらいになり不思議だったのです。

田中君は「時の人」だったからアクセス数が凄かったのね。

ずーっと前に書いた『南関揚げ』『おでんにじゃがいも・・・』で、いまでもお客様が見えるから不思議です。

検索でアクセス増大するには、有名人だとか、話題になっていることをとりあげることでしょうね(^^;

投稿: りりー姫 | 2006年10月20日 (金) 07時28分

おはようございます。
どんより、雲の厚い朝です。
今日は梅にいさんを病院に連れていかなければなりません。
さぁ!仕事に出かけますね!!
また後ほど伺いたいとおもいます。

投稿: と・ろ・ろ | 2006年10月20日 (金) 07時41分

と・ろ・ろさん おはようございます!

お仕事 いってらっしゃ~い。
お気をつけてね(^^)

投稿: りりー姫 | 2006年10月20日 (金) 07時46分

おかみさん おはようございます (*^o^*)

『ヨイトマケの唄』クリックさせていただきました。
貧困・差別・・そして早くにお母様を亡くされて・・。
それらをみんなバネに歌い続ける中村美津子さんの強さを感じました。
色んな人に、この唄を聞いて欲しいと思います!

投稿: くちばし | 2006年10月20日 (金) 08時04分

ヨイトマケの唄はけっこう長い間、(差別表現があるという放送局の過剰な自主規制による)放送禁止歌になっていたんじゃないかと思います。レコードやCDでしか聴けない形だったのであまり耳にする機会がなかったんですが、ザ・フォーク・クルセダーズの2002年の「再結成記念CD」で久しぶりに聞くことができました。

投稿: MISTAKER | 2006年10月20日 (金) 08時04分

くちばしさん おはようございます(*^o^*)

『ヨイトマケの唄』クリックしていただきありがとうございましたm(__)m

大好きが多くて困るけど、大好きなの。「中村美津子さんの強さ」分かって下さってくれて嬉しいです(^^)v

投稿: りりー姫 | 2006年10月20日 (金) 08時09分

MISTAKERさん おはようございます!

>ザ・フォーク・クルセダーズの2002年の「再結成記念CD」で久しぶりに聞くことができました。
わぁ なつかしか~『ザ・フォーク・クルセダーズ』てったい(^^;
こん人達んとば、きいてみろごたる(^^♪

投稿: りりー姫 | 2006年10月20日 (金) 08時13分

おはようございます!

ヨイトマケの唄、初めて知りました。

でも歌詞を拝見するとギリギリのところで踏ん張って生きている
人の心が伝わってくるように感じました。

苦労を味わって初めて分かる世界ってありますよね・・・

投稿: むろぴい | 2006年10月20日 (金) 08時27分

おかみさん、おはようございます。
三輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」を聴いたことがあります。
感動したのを覚えてます。
心に響く歌というのはあるものなんですね。
朝からとっても良いお話でした♪

投稿: ミーシャ | 2006年10月20日 (金) 08時39分

むろぴいさん おはようございます!

「ヨイトマケの唄」をご存じなくて当然ですよ^^;

機械がなかった頃は、人力でやっていたのですよ。

>苦労を味わって初めて分かる世界ってありますよね・・・
ありますよね。

投稿: りりー姫 | 2006年10月20日 (金) 08時51分

ミーシャさん おはようございます。

私も以前、三輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」を聴いた時に
感動しましたよ。
心に響く歌というのはありますね。

>朝からとっても良いお話でした♪
そう言っていただいてアリガトウね(^^)

投稿: りりー姫 | 2006年10月20日 (金) 08時54分

ヨイトマケの唄は、古い流行歌ですね。
若者には説明しないとわからない“ナツメロ”になってしまいました。

この歌、数多くの人がカバーしています。
それぞれ、この歌に感銘して歌っていますので、どれも素晴らしいです。
きっと、塾長。や38さんも一言あると思います。

投稿: シメサバ | 2006年10月20日 (金) 10時59分

私も「ヨイトマケの唄」を聴いたのはフォークルの再結成の
「戦争と平和」のアルバムでした。なぎらさんも歌っていて
「日輪」と言うアルバムに収録されています。

しかし、よくよく考えると「ヨイトマケの唄」を初めて
聴いたのは小学1年生か2年生の時でした。音楽の
授業でした。先生は「今は歌詞が理解できないかもしれないけど
大きくなるにつれて少しずつで良いから理解してほしい」と
言っていました。

投稿: 藤原海苔太 | 2006年10月20日 (金) 11時00分

おかみさん、また来ちゃった(笑)
時事ブログの方にもコメントありがとうございます!
お陰さまで修復されたようです。
これから野暮用で出かけてきます (^ー^)ノ

投稿: ミーシャ | 2006年10月20日 (金) 11時09分

シメサバさま こんにちは!

コメントをいただきありがとうございましたm(__)m

私もほかの方たちが歌ってらっしゃるのを聴いてみたいです。

投稿: りりー姫 | 2006年10月20日 (金) 11時21分

藤原海苔太 さん こんにちは!

コメントいただきありがとうございますm(__)m

>音楽の授業でした。先生は「今は歌詞が理解できないかもしれないけど大きくなるにつれて少しずつで良いから理解してほしい」

素晴らしい先生ですね。それをしっかりと心に刻んでいるから海苔太さんも素晴らしい方ですね。感心しました(^^)

投稿: りりー姫 | 2006年10月20日 (金) 11時26分

ミーシャさん いらっしゃ~い

時事ブログのコメント お恥ずかしいわ^^;

いってらっしゃ~い。

投稿: りりー姫 | 2006年10月20日 (金) 11時29分

今の美輪さんが歌うヨイトマケの唄は
随分と雰囲気が違うと思う。
ちっともヨイトマケ感が伝わらない。

やっぱりね、
肉体労働経験者が歌うとしっかりと伝わってきます。

ギター一本でその雰囲気を演奏し、
なおかつ、疲れたような声で歌うヨイトマケの唄。
目の前で観ると マジに目頭が熱くなります。

やはり、我等が大佐・なぎら健壱のヨイトマケの唄が一番です。

投稿: ガ・ちんこ投稿塾々長。 | 2006年10月20日 (金) 18時27分

おかみさん、こんばんは。
〆様のおっしゃる通り、塾長。の一家言がありましたね^^
大佐ののヨイトマケの唄って聴いてみたいですね♪

投稿: ミーシャ | 2006年10月20日 (金) 19時09分

塾長。 こんばんは!

>我等が大佐・なぎら健壱のヨイトマケの唄が一番です。
何しろ聴いたことがないので、聞いてみたいです。

わたしも肉体労働経験者が歌うとしっかりと伝わって来ると思います。

投稿: りりー姫 | 2006年10月20日 (金) 20時24分

ミーシャさん こんばんは!

何回もいらしていただき嬉しいわ。

〆様がおっしゃったとおり、塾長。いらしてくださいました。
私も、大佐のヨイトマケの唄を聴いてみたいです♪

投稿: りりー姫 | 2006年10月20日 (金) 20時29分

「とうちゃんのためなら、え~んやこら、
 かあちちゃんのためなら、え~んやこら」
というフレーズで始まるのが『ヨイトマケの唄』ですか?
以前三輪明宏さんが歌っているのを聞いた事があるのですが・・・
今では想像もつかないほど、貧しい時代がありましたね。
私の子供の頃もそうでした。
今は貧しさからくるいじめって、昔に比べればすくないのでしょうね。

投稿: と・ろ・ろ | 2006年10月20日 (金) 20時43分

 うーん、この詩は泣けるかも・・・
 これって長い歌なんですよね・・・

投稿: 男爵様 | 2006年10月20日 (金) 21時02分

と・ろ・ろ さん おはようございます!

>とうちゃんのためなら、え~んやこら、
そうですよ。私も三輪明宏さんが歌っているのを聞いた事があります。
「お金がかかるからお医者さん呼ばないで」と言う家庭があったのですね。びっくしました。

>今は貧しさからくるいじめって、昔に比べればすくないのでしょうね。
少ないでしょうね。今はそんなに貧しい生活って聞きませんね。

投稿: りりー姫 | 2006年10月21日 (土) 07時39分

男爵様 おはようございます!

おニューのパソコンでルンルン気分ですね(^.^)/~~~

この詩は泣けてきます(ーー;)
ヨイトマケはむかしニコヨンって言っていたのとは別ですよね?(^^)

長い歌ですね。

投稿: りりー姫 | 2006年10月21日 (土) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100653/12348614

この記事へのトラックバック一覧です: 中村美律子さんの”ヨイトマケの唄”に大感動:

« 稲刈り 真っ盛り  | トップページ | トムは贅沢なのです  »