« ”鍋焼きうどん”が100円なのです  | トップページ | 予断を許さなくなったのです  »

2006年10月31日 (火)

”クイズ”を出されちゃった 

きのうのおかみさんの”鍋焼きうどん”が 100円なの !!の記事で、一日一猫の  MISTAKER(みすてーかー)さんから、
> あすけこずんであった
楽しい肥後弁ありがとうございます。朝から大笑いできました。
>さて、おかみさんとみなさんに、ひとつクイズ(^^;
おかみさんの書かれた「こずむ」はどうして「コヅム」ではないんでしょうか?たとえば山積みの場合は「ヤマヅミ」と書きますよね。さてなぜでしょう?
ちなみに博多弁でも「コズム」は積み重ねるという意味で熊本弁と同じです。
と言うコメントをいただきました。
「なぜ」かがお分かりの方、お分かりじゃない方、それ以外のことでも何でも
O.Kですので、一言いただけたら嬉しいな♪

|

« ”鍋焼きうどん”が100円なのです  | トップページ | 予断を許さなくなったのです  »

コメント

おかみさん、おはようございます。
むずかしいですね~

「かさねる」の「さ行」に影響を受けたのかしら?
「つむ」を無視してはいけないわね^^

投稿: ミーシャ | 2006年10月31日 (火) 07時05分

ミーシャさん おはようございます♪

むずかしくてMISTAKERさんに、きのうお返事が書けなかったの(ーー゛)

「手も足も出ない」ので、だるまさんの絵でも書こうかしら^^;

投稿: りりー姫 | 2006年10月31日 (火) 07時17分

おかみさん おはようございます(*^o^*)

ムム・・難しいですね(~ヘ~;)ウーン
きっと ”ず”に秘密があるんですよね?う~ん?
すいません、わかりません(#^.^#)
こんな楽しいクイズを出されるMISTAKERさんはユニークな方ですね♪
早く答えが知りたいです(*^m^*)

投稿: くちばし | 2006年10月31日 (火) 08時42分

くちばしさん おはようございます(*^o^*)

ねぇ 難しいでしょう(ーー゛)
私はきのうから考えていて分かりませ~ん(#^.^#)

>こんな楽しいクイズを出されるMISTAKERさんはユニークな方ですね♪
MISTAKERさんって、きっと学者肌の人ね。
私も早く答えが知りたいの(^^)

投稿: りりー姫 | 2006年10月31日 (火) 09時04分

こんにちは^^
方言は楽しいですが 全く意味が解りません
「こずむ」って言葉も初めてですが・・・
積み重ねる・・という意味なんですね!?
でも 「づ」じゃ無くて「ず」を使うんですね へぇ~
何故かって事?
そりゃきっと 「こずむ」が「積む」という意味より他からきている、例えば 「佇む」とか 「沈む」とか・・
スイマセン 解らないので てきとーに言ってみましたよ
(;´д`)トホホ
早く答えが知りたいです d(^-^)ネ!

投稿: bebe | 2006年10月31日 (火) 12時04分

bebeさま こんにちは!

コメントいただきありがとうございましたm(__)m

熊本人が分からないのですから(ーー゛)
答えを知りたいです。

投稿: りりー姫 | 2006年10月31日 (火) 12時35分

>「手も足も出ない」ので、だるまさんの絵でも書こうかしら^^;

むか~し、テストの答案用紙に書いたことがあります(笑笑)
ひゃっはっは~
昔、昔のことよね、おかみさん(^_-)-☆
近頃はこんなことしないのだろうなぁ(^^ゞ

「こずむ」…積むとういうことからして「こづむ」だと解釈します。
無意識に「ず」と打ったのではないかしら。

投稿: たま吉 | 2006年10月31日 (火) 17時54分

おかみさん&みなさま。遊び半分の「知ったかぶり(^^;」が本日のテーマになってしまい恐縮しております。
え~、で、お答えの方です。
博多弁の「こずむorこづむ=積み重ねる」の語源を調べているとき、自分も最初は小器用・小商い・小面憎いなどの「小+積む(こづむ)」と考えていたんですね。ところがどんな辞書をあたっても「こづむ」という項目がないんです。つまりこれは共通語・標準語として「こづむ」という言葉がないということそ示しています。で、困ってしまい、「こずむ」で辞書を引くとなんてことはない。あっさり疑問氷解。辞書には
【こずむ(偏む)】一つ所にかたよって集まること(広辞苑・大辞泉など)とありました。
まさにおかみさんが昨日書かれた記事「あそこ(或る一ヶ所)に積み上げてあった」と一致するわけです。つまり方言の「こずむ」は積むからきた方言ではなく、ある部分(に偏って)集まる・積み上げられることを意味する【こずむ(偏む)】を語源とするというのが、方言研究の定説となっているようなんですね。
たぶん、おかみさんはこの記事を書かれるときに、正確をきするために肥後弁辞典で確認されたんだと思います。辞典には当然「こずむ」と綴ってあるはずですから、おかみさんも積む意味の言葉でありながら「こずむ」と書かれたんだと思います。

どうも長々と失礼いたしました。ちょっと突っ込んだばっかしに自分で自分の首をしめかけました(^^;。ははは。ほんと大汗(^^;。

投稿: MISTAKER | 2006年10月31日 (火) 19時19分

こんばんは!

このクイズ、全く分かりません(^^;)

熊本弁、奥が深いですね~。

投稿: むろぴい | 2006年10月31日 (火) 19時39分

たま吉さん こんばんは!

ちょうどいい所へ来てくださいました。

>「手も足も出ない」ので、だるまさんの絵でも書こうかしら^^;
わたしも、むか~し、テストの答案用紙に書いて先生から呼び出されましたよ(ーー゛)

この話若い人に通じたかしら?(^^)


投稿: りりー姫 | 2006年10月31日 (火) 19時59分

MISTAKERさん こんばんは!

ご解答ありがとうございましたm(__)m

みすてーかーさん さすがですねっ(*^^)v

投稿: りりー姫 | 2006年10月31日 (火) 20時02分

おかみさん、ちょっとご無沙汰してしまいごめんなさい~

しかも、ああ、大幅に遅れてしまいました(ダメダメでした~)
私は「ずんずん積む」ということから「ずむ」じゃないのかと・・・
雪やこんこ、あられやこんこ、の歌でも(タイトルが思い出せなくて^^;)ずんずん積もるって言いますから♪
でも方言ってあったかみがあっていいですね(^^)

投稿: ジュリア | 2006年10月31日 (火) 20時13分

おかみさん、こんばんは。
”あすけ こずんであった”
わたしには よく通じるよ。
子供のときから、聞いたり、つこうたり(使ったり)しよるばってん、書くときは標準語だったけん 「こずく」か「こづく」かわからんね。ネットで調べると、どこも「こずく」て書いてあるけんそれが正しかつかね。
静岡なんかでは、「沈む」という意味で使うらしいですね。

投稿: moka | 2006年10月31日 (火) 20時23分

んんん「積む」と「済む」が関係あるのかなぁ・・・・難しいね、答えが楽しみだww

投稿: パンキッシュ | 2006年10月31日 (火) 23時21分

あはっ ここでも方言勉強だ(^。^)
今 むろぴいさんのとこでも方言の勉強してきたとこなのよ。
九州の方言は関西系の流れだけど優しい感じがするよね(^。^)

投稿: Aya | 2006年10月31日 (火) 23時38分

むろぴいさん おはようございます!

お出でいただきありがとうございました。

>このクイズ、全く分かりません(^^;)
私がわからないのですから^^;
奥が深いですよ。

投稿: りりー姫 | 2006年11月 1日 (水) 06時13分

ジュリアさん おはようございます!

こちらこそ大変ご無沙汰いたしておりましたm(__)m

>私は「ずんずん積む」ということから「ずむ」じゃないのかと・・・ずんずん積もるって言いますから♪
これだけ考えが出てきたのですから立派よ(^^)v

私も方言ってあったかみがあっていいと思っているの(^^)

投稿: りりー姫 | 2006年11月 1日 (水) 06時28分

mokaさまおはようございます!

>”あすけ こずんであった” わたしには よく通じるよ。
分かる人んおっとしゃがな張り合いんあるたい(^^♪

>静岡なんかでは、「沈む」という意味で使うらしいですね
こらぁ ユニークね(^^)

投稿: りりー姫 | 2006年11月 1日 (水) 06時34分

パンキッシュさん おはようございます!

使っている私が分からないのですよ^^;

答えはみすてーかーさんが書いてくださいました(^^)


投稿: りりー姫 | 2006年11月 1日 (水) 06時42分

Ayaちゃん おはようございます!

>むろぴいさんのとこでも方言の勉強してきたとこなのよ。
そうなの。ここでも方言のお勉強中よ(^^;

>九州の方言は関西系の流れだけど優しい感じがするよね(^。^)
Ayaちゃんには優しい感じがするのね(^^)

投稿: りりー姫 | 2006年11月 1日 (水) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100653/12497329

この記事へのトラックバック一覧です: ”クイズ”を出されちゃった :

« ”鍋焼きうどん”が100円なのです  | トップページ | 予断を許さなくなったのです  »