« 糖度ゼロ 糖質ゼロ  | トップページ | 5兆円 »

2008年5月 8日 (木)

見えないからこそ教えられることがある

きのうの朝ズバッ!からです。埼玉県の新井淑則先生は、中学教師になられて4年目の時に網膜はく離になり、33歳で全く見えないようになり休職を余儀なくされたお方でした。しかし、今年46歳で復帰されたのですから努力は並々ならぬものだったことでしょう。。タイトルは、新井淑則先生の言葉です。学校には盲導犬のマーリンちゃんが一緒なのです。ものの見方について、「10円玉は丸い(はい いいえ)」という問いで普通は「はい」と答えますよね~。新井先生がおっしゃるには、10円玉を横から見たら長方形。よって答えはどちらも正解だと言われたのです。おかみさんは、「ものの見方を変える」ということと、見えないから「言葉にする大切さ」をお勉強させていただいたのでした。

|

« 糖度ゼロ 糖質ゼロ  | トップページ | 5兆円 »

コメント

リリーさん、ご無沙汰してます。
物の見方って、一般的に、自分の物差しで測った見方しかしませんが、世の中は、もっと色々な角度で見ることが、必要なんですよね。confident

投稿: 竹左ぇ門 | 2008年5月 8日 (木) 08時57分

竹左ぇ門さん おはようございますsun

>世の中は、もっと色々な角度で見ることが、必要なんですよね。
言われないと気が付かない私ですdespair

投稿: リリー姫 | 2008年5月 8日 (木) 09時12分

横から光を当てて、壁に移したら、確かに長方形ですね。普通は感じない感覚です。ものの見方を深くする、違う見方で見る、必要なことなのでしょう。楽しい発見です。

投稿: kazuyoo60 | 2008年5月 8日 (木) 10時27分

kazuyoo60さん おはようございますsun

>横から光を当てて、壁に移したら、確かに長方形ですね。
私も今からは色々な見方をするようにしたいです。
>楽しい発見です。
おっしゃるとおりです♪

投稿: リリー姫 | 2008年5月 8日 (木) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100653/41130598

この記事へのトラックバック一覧です: 見えないからこそ教えられることがある:

« 糖度ゼロ 糖質ゼロ  | トップページ | 5兆円 »