« ブラッシングが だぁーい好き その2 | トップページ | 舞鶴市が発祥の地でした~ »

2008年9月27日 (土)

ケータイ小説 

おかみさんは、今まで本屋さんで「ケータイ小説」というものを見ても、「フーン」と思ってよく見もしなかったのです。ところが、テレビで瀬戸内寂聴さん(86歳)が密かにケータイ小説を書かれていたということを知り興味が沸いてきたのです。瀬戸内さんの「源氏物語」は、とても読みやすいのです。瀬戸内さんが書かれたケータイ小説は、「源氏物語」の作者の紫式部の「紫」からとって、「ぱーぷる」というお名前で書かれたのです。おかみさんは、ユーモアがあり、とってもお話が面白くてお若い方が大好きな瀬戸内寂聴さんが大好きなのです。

書籍化されましたよ~。 「あしたの虹」ぱーぷる(瀬戸内寂聴)著

|

« ブラッシングが だぁーい好き その2 | トップページ | 舞鶴市が発祥の地でした~ »

コメント

この話題は最初に新聞かラジオで、それからテレビのインタビューでした。
携帯の小説は読んでいませんが、今も昔も恋心は同じだと、ほんとにそうだと思いました。
ご自分で打ち込まれているのかなと、すごいなと思いましたら、それは担当の方がいらっしゃるとか。絵文字が入らないと、今の若い方は楽しくないでしょうね。

投稿: kazuyoo60 | 2008年9月27日 (土) 09時27分

kazuyoo60さん こんばんは^^

>最初に新聞かラジオで、それからテレビのインタビューでした。
わたしは最後に聞いたのですね。
>ご自分で打ち込まれているのかなと、すごいなと思いましたら、それは担当の方がいらっしゃるとか。
ケータイのメールをされているのは見たことがありますけど。
>絵文字が入らないと、今の若い方は楽しくないでしょうね。
きょう本屋さんに「ケータイ小説大賞」受賞の本が並んでいました。

投稿: リリー姫 | 2008年9月27日 (土) 21時14分

トムちゃん 気持ち良さそうですねsleepy
瀬戸内寂聴さんのbook紫式部は以前読みました。
古語でのは分かり難かったのですが、案外すらすらと読めました。
素適な年の取り方をなさっていらっしゃいますね。

投稿: nyhar-nyar | 2008年9月27日 (土) 21時38分

nyhar-nyarさん こんばんは^^

>瀬戸内寂聴さんの紫式部は以前読みました。
>古語でのは分かり難かったのですが、・・・
古語のは読んでいませんが、寂聴さんのはブログを始めるまえに図書室から借りて読みました。
>素適な年の取り方をなさっていらっしゃいますね。
わたしもあんな歳のとり方をしたいです。

>トムちゃん 気持ち良さそうですね
最近のお気に入りの場所ですよ~。

投稿: リリー姫 | 2008年9月27日 (土) 22時31分

おかみさん こんにちは
きょう昼の番組で瀬戸内寂聴さんのケータイ小説が話題になっていて番組宛て?に
「パープルさん」から「読んでね」とか?携帯メールが着ていました。
寂聴さん自身が打たれたそうです。(ちなみに30分位かかって打たれたとか?)

投稿: ミセス肥後椿 | 2008年9月28日 (日) 17時18分

ミセス肥後椿さん こんにちは^^

>寂聴さん自身が打たれたそうです。(ちなみに30分位かかって打たれたとか?)
携帯メールを打たれるところはスタジオパークで見ましたよ。

書籍化はまだなんでしょうね。きのう書店を覗きましたが寂聴さんのはまだ無かったようでした。

投稿: リリー姫 | 2008年9月28日 (日) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100653/42606002

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ小説 :

« ブラッシングが だぁーい好き その2 | トップページ | 舞鶴市が発祥の地でした~ »