« 画面を見ていられない | トップページ | 小さなゴロゴロさん »

2011年4月27日 (水)

一人の死者も出さなかった太田名部防潮堤

りりーちゃーん、今回の東日本大震災でお一人の死者も出さなかった岩手県の普代村をテレビで知りました~。過去の大津波の経験を生かされ村長の(故)和村幸得さんの執念でできた15,5メートルの太田名部防潮堤と水門。津波は防潮堤を乗り越えてきたけれどびくともしないで村民を護ってくれたのね。「100年に一度か、1000年に一度か。しかし、それが取り返しの付かない被害をもたらすならば、非常識なほどの準備は全く無駄ではありません」と。

太田名部防潮堤~究極の公共工事~ (勝手ながら記事に使わせていただきました。)

|

« 画面を見ていられない | トップページ | 小さなゴロゴロさん »

コメント

おかみさん、おはようございます。
当時の村長さん、和村幸得さんが「想定外」とは簡単に片付けず明治の三陸津波の教訓を知っていたから15,5メートルの防潮堤と水門ができ、お一人の死者も出さなかったことには感服させられました。こう言う村長さんを今の政治をつかさどる人たちに見習ってほしいものですね。

投稿: 五月人形 | 2011年4月27日 (水) 06時21分

五月人形さま おはようございます^^

>こう言う村長さんを今の政治をつかさどる人たちに見習ってほしいものですね。
40年の長期政権だったそうです。長期政権は色々言われますが見習って欲しいですね。

朝一番のご訪問ありがとうございました。

投稿: りりー姫 | 2011年4月27日 (水) 06時43分

想定外のことが起きるので、発想を豊かにして物事に
あたれば、万事うまく収まります
これは、老人だとか青年だとか関係なくその人のもつ
感性だとおもいます
その、感性を日々磨くように努力しなければなりません

今日はお昼からrainとのこと、あ~~~退屈

 笑顔のわらびちゃん happy01scissors

投稿: わらびちゃん | 2011年4月27日 (水) 08時17分

私も新聞で見ました。膨大な費用、巨大水門が役に立ってくれました。
きっと独裁者のように扱われた和村村長だったかもしれませんね。
沈下した分と今回の一番高い津波が防げる、もっともっと巨大な設備が必要になりますね。それに、温暖化で海水面も上がる傾向にあるのでしょう。
数百年に1度でも、それを抑える設備、今後の防災全般に考えてもらいたいものです。

投稿: kazuyoo60 | 2011年4月27日 (水) 09時01分

わらびちゃん おはようございます^^

>老人だとか青年だとか関係なくその人のもつ
感性だとおもいます
「感性」そうよね~。いいことおっしゃるわ。さすが~わたしも磨かなきゃねconfident

さっき雷が鳴ったわ。

きょうもコメントありがとうね。

投稿: りりー姫 | 2011年4月27日 (水) 11時45分

kazuyoo60さん おはようございます^^

>きっと独裁者のように扱われた和村村長だったかもしれませんね。
評価は年月が経ってやっとですね。

今日もコメントありがとうございました。

投稿: りりー姫 | 2011年4月27日 (水) 11時48分

素晴らしい行政だったと思います、
全部が全部 決して賛成じゃなかったかも知れませんよね・・・
今朝の新聞に1000年に一度なんてとんでもない、今までの歴史を40たどっても400年に1度くらいを想定しないと駄目と
出ていました。

投稿: nyar-nyar | 2011年4月27日 (水) 14時53分

nyar-nyarさん おはようございます^^

>全部が全部 決して賛成じゃなかったかも知れませんよね・・・
反対を押し切って並大抵の御苦労ではなかってでしょう。
>素晴らしい行政だったと思います、
世の中にこんなに素晴らしい村長さんがいらっしゃったのですね。

投稿: りりー姫 | 2011年4月28日 (木) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100653/51505054

この記事へのトラックバック一覧です: 一人の死者も出さなかった太田名部防潮堤:

« 画面を見ていられない | トップページ | 小さなゴロゴロさん »