« 街が黄色 | トップページ | 一押し熊本ラーメン桂花 »

2011年5月 6日 (金)

馬刺し

りりーちゃ-ん、りりーちゃんも御主人様に馬刺しをもらって美味しそうに食べましたよね。馬肉を生で食べる馬刺しは熊本の有名な郷土料理なの。酒の肴、まぁ好みだけど特に焼酎にあうと思うわ。とっても美味しいわよ。でも、それなりのお値段がするの。 おかみさん

馬肉専門店 菅乃屋さん

|

« 街が黄色 | トップページ | 一押し熊本ラーメン桂花 »

コメント

お~、好物の馬刺し話題が~!
菅乃屋は昔々まだ健軍商店街の店の二階でこじんまりと食べさせよったころから何度も食べに行ったことがあります。最近は支店も増えて大繁盛のごたりますね。

> それなりのお値段がするの。
そげんそげん。お肉じたいの認知度が高まって価格も同時に高ーなってったですね。よしあしですばい。ただ今度のユッケ中毒事件でもしかしたら馬刺しにも影響が出てくるかもしらんですね。

投稿: MISTAKER | 2011年5月 6日 (金) 07時51分

おほ、mistakerさんお久しぶりnotes
今話題の生肉、馬刺し、まだ食べたことが無いので、、、
ベルギーのアントワープとゆう所でパンの上にひき肉を(牛)
乗せて食べたことがあります、昔のことなので、味は
覚えておりませんdespair

 笑顔のわらびちゃん happy01scissors

投稿: わらびちゃん | 2011年5月 6日 (金) 08時07分

MISTAKERさん おはようございます^^

>最近は支店も増えて大繁盛のごたりますね。
あんまりあってたまがっと。熊本駅のフレスタ内と熊本城の近くの城彩苑にも出さしたつよ。賑わいよる。
>もしかしたら馬刺しにも影響が出てくるかもしらんですね。
馬刺しに影響が出るかもしれん。

投稿: りりー姫 | 2011年5月 6日 (金) 08時30分

わらびちゃん おはようございます^^

>パンの上にひき肉を(牛)
乗せて食べたことがあります、昔のことなので、味は
覚えておりません
それユッケじゃん。菌に負けないで良かったねhappy01

コメントありがとうね。


投稿: りりー姫 | 2011年5月 6日 (金) 08時34分

馬刺しは旅先で食べた記憶ですが、味は~、覚えてないのです。
リリーちゃん、美味しかったでしょう。良かったね。

投稿: kazuyoo60 | 2011年5月 6日 (金) 10時09分

kazuyoo60さん おはようございます^^

>リリーちゃん、美味しかったでしょう。
骨よりもお肉の方がいいに決まってますよね。

投稿: りりー姫 | 2011年5月 6日 (金) 10時46分

笑顔のわらびちゃん
おひさしぶりでした。
> 今話題の生肉、馬刺し、まだ食べたことが無いので、、、
九州のもんは新し物好き(おかみさん語=わさもん好き)が多いのと、食べ物(魚介畜産すべて)の産地と消費地が近いせいもあって、なんでも「生食」してしまいます。牛生ホルモン(内臓肉)しかり、鯖の刺身しかり・・・であります。早い話がいかもの食いの田舎もん(^^; ははは。

馬肉の生食はどうなのか少し調べてみたら、外国産馬肉での中毒歴はあるようですが、内国産は大丈夫そうなのでひとまず安心しました。

投稿: MISTAKER | 2011年5月 6日 (金) 18時24分

生は蠣しか食べないのです、
でも我が家では主人も息子も馬刺しが大好き!
近所の精肉屋さんで売っているので、
時々購入します。
バー油はpapergood

投稿: nyar-nyar | 2011年5月 7日 (土) 16時49分

MISTAKERさん馬肉は隣の県長野県では
馬刺しを食べるようです
山の神は馬刺しといったら懐かしいと
いっておりました
福岡県直方の出身なので

 笑顔のわらびちゃん happy01scissors

投稿: わらびちゃん | 2011年5月 8日 (日) 18時24分

nyar-nyarさん こんばんは^^

>生は蠣しか食べないのです、
すきずきですよね。馬刺しの味は20歳過ぎるまで知りませんでした。

>近所の精肉屋さんで売っているので、
時々購入します。
熊本の消費量が多いみたいですね。

いくつもコメントありがとうございました。

投稿: りりー姫 | 2011年5月 8日 (日) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100653/51591971

この記事へのトラックバック一覧です: 馬刺し:

« 街が黄色 | トップページ | 一押し熊本ラーメン桂花 »